サムライの香水の魅力とメンズへのおすすめ人気10選【コスパ最強】

サムライ 香水 メンズ
出典:Amazon.co.jp

香水デビューを考えているメンズにまずおすすめしたいのが、サムライというブランドの香水です。

サムライというと日本のお侍さんのような力強さをイメージしますが、爽やかな香りの香水多いことで有名です。

また、ひとくちに爽やかといっても柑橘系をベースにしたスッキリ系、フローラルをベースにした上品な香り、ムスクやウッディによるちょっとセクシーな香りなど様々なレパートリーがあります。

こちらの記事ではそんなサムライの香水の魅力やメンズにおすすめアイテムをご紹介していきます。

また、香水の種類や付け方が分からないという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

サムライとは

サムライ 香水 メンズ
出典:sprjapan.com

サムライは、もともとフランスの人気俳優アラン・ドロン氏が手掛けた香水ブランドの1つです。

「サムライ」はネーミングから想像できるとおり、日本の侍からインスピレーションを受けてボトルや香りまで考えられました。

サムライの香水のイメージカラーともいえるブルーは、日本の侍の礼儀正しさや潔さなど凛とした立ち振る舞いからインスピレーションを受けています。

その後1998年から日本でも販売を開始し、日本国内でも知らない人はいないというほど人気の香水ブランドとなっています。

サムライの香水の魅力

ポイント 説明

ここからは、サムライの香水の魅力についてお話ししていきます。

豊富なバリエーションの爽やかな香り

サムライ 香水 メンズ
出典:amazon.co.jp

冒頭でも少し触れましたが、サムライといえばとにかく爽やかな香りが特徴的です。

爽やかといえば清潔感のあるサボン系や、スッキリとした柑橘系をイメージする方が多いのではないでしょうか。

もちろん、サムライにも定番人気であるそれらの香りはありますが、それだけではない豊富なバリエーションが大きな魅力なんです。

想像していなかったような新しい「爽やかさ」と出会わせてくれるのが、サムライの最大の魅力だともいえます。

そのため、自分に合った香り、自分の纏いたい香りをピンポイントで見つけることも可能だと思います。。

たくさんの種類から香りを選ぶ時間はとても楽しいものになるはずですよ。

シンプルなボトルデザイン

サムライ 香水 メンズ
出典:Pinterest.jp

サムライはボトルデザインもしっかりこだわられています。

香りのイメージがしやすいように、コンセプトに合ったカラーやシルエットが採用されているのが特徴的ですね。

爽やかがウリのサムライなので、ボトルもブルーやグリーンのものが多いため、複数買って並べても統一感が出て素敵ですね。

また、サムライウーマンという女性向けの香水も展開しているので、ペアでつけるカップルも多いので彼女と合わせて使うのもおすすめです。

サムライの香水の価格帯

価格 イメージ

サムライの香水は、比較的リーズナブルなのも嬉しいポイントです。

なんと2,000円から購入できるものもあり、平均的には4,000円~5,000円ほどで購入できます。

そのため学生で予算があまりない方でも買いやすく、香水を複数持ちして気分で変えたいという方にも重宝する価格です。

そして、安価な香水とは思えないこだわり抜かれた香りなので、安っぽい香りを避けたいという方にもおすすめできます。

メンズにおすすめのサムライの香水おすすめ人気10選

では、早速メンズにおすすめのサムライの香水をご紹介していきます。

サムライ オードトワレ

トップノート:ジャスミン、ベルガモット、ローズ

ミドルノート:シダーウッド、レッドペッパー、ヨモギ

ラストノート:サンダルウッド、バニラ、ムスク、ベチバー

アラン・ドロン氏が最初に日本の侍をイメージして作ったというはじまりの香水です。

礼儀正しく潔い、そんな凛とした男性を彷彿とさせるスッキリとした清潔感のある香りが特徴です。

ボトルもそのイメージどおりシンプルなクリアに、主張しすぎない上品な水色となっています。

なんと2,000円以下で購入できることから、日本に上陸した1990年代後半は学生を中心に爆発的な人気となり、たくさんのメンズがこの香水をつけていました。

それから20年以上経った現在でも、サムライで1番の人気を誇ってる人気アイテムです。

アクアマリン オードトワレ

トップノート:ライチフラワー、マンダリン

ミドルノート:マリンノート、ウォーターメロン、ウォーターリリー

ラストノート:ムスク、アップルブロッサム

続いては名前のとおり夏にぴったりのフルーティーな香りが魅力のこちらの香水。

ボトルやボックスにも夏らしいマリンテイストが採用され、見ているだけで涼しげな気分になってきます。

香りはライチフラワーや柑橘系のフレッシュフルーツの香りから始まり、アクセントとなるマリンノートが海のように広がっていきます。

幸福感を感じられるようなみずみずしい甘さがメインとなりますが、次第にスモーキーなムスクの甘さが包み込んでいくので、セクシーな印象も与えます。

トップとラストの香りのギャップを楽しめるのでおすすめです。

サムライ ライト オードトワレ

トップノート:ライチ、レモン、グリーンアップル

ミドルノート:グリーンリーブス、フローラルノート

ラストノート:ムスク、ホワイトウッド、ホワイトアンバー

こちらのサムライ ライトは当初は春季・夏季の限定商品だったアイテム。

その人気の高さから定番商品となった、実力派の香水です。

春や夏にピッタリな軽やかな香りが、控えめな爽やかさを纏わせてくれるので食事に行く場合でも、ビジネスシーンでも場所を選ばずつけることができます。

フレッシュフルーツとフローラルの組み合わせなので万人受けするため、香水デビューで何をつけていいかわからない!というメンズの方にもおすすめの香水です。

ブラックライト オードトワレ

トップノート:ベルガモット、レモン、アクアティックノート

ミドルノート:ウォーターメロン、パッションフルーツ、ブラックカラント

ラストノート:シダーウッド、ムスク、アンバー

サムライ香水の中ではひときわ目立つ、ダークなパッケージとボトルが印象的です。

スパイシーな大人の香りなのかと思いきや、意外にもサムライらしい爽やかでフルーティーな香りです。

ベルガモットやレモンなど酸味を感じさせるリアルなスッキリ感に、みずみずしい甘さが特徴のウォーターメロンの香りがほのかに香ります。

そんなフレッシュな香りを最後にまとめるのがシダーウッドやムスクといったパウダリーな甘さです。

ブラックライトのコンセプトのように、セクシーさを演出したいメンズにおすすめです。

ダズル オードトワレ

トップノート:レモン、セクシャルジュース、アダスクル

ミドルノート:イランイラン、ジャスミン、ローズ、プレイフルーツ

ラストノート:ムスク、アンバー、マホガニー

続いてはシンプルなデザインながらもインパクトのあるシルバーが印象的なダズル オードトワレです。

香りもサムライならではの爽やかさにプラスして、魅惑的な香りでいつもより大人な印象にしてくれます。

トップノートでは柑橘系、ミドルノートではフローラルが主張しますが、これがうまく混ざり合って甘すぎない上品さを叶えてくれているのです。

なんといってもこの香水の1番の特徴は、イランイランの官能的な香りが色っぽく香ることです。

爽やかなだけではない、大人のメンズのギャップを演出したい方におすすめです。

ゴールドレーベル

トップノート:ビターレモン、マンダリン、ベルガモット

ミドルノート:バジルリーフ、オレンジブロッサム、カルダモン、リリー

ラストノート:トンカビーン、クラリセージ、アンバーグレイ

続いてはゴールドで高級感のあるボトルが目を引く香水です。

「黄金の賞賛を求める男へ」と謳われているとおり、男性の強さや潔さ、さらに優しさなどさまざまな側面で黄金にふさわしい男性を彷彿とさせます

その秘密は異なる印象の香りたちがバランスよく混ざり合い、引き立て合っているからです。

トップノートはシャープな酸味を感じさせる柑橘系をふんだんに使用しています。

柑橘系の爽やかさは残しつつも次第にバジルのアクセント、フローラルの柔らかな甘さへと変わっていきます。

最後はトンカビーンをはじめとするスパイシーな香りでまとまるので、香りの変化が楽しめますね。

ブラックライトクロス オードトワレ

トップノート:パイナップル、マンダリン

ミドルノート:ミモザ、ジャスミン

ラストノート:サンダルウッド、シダーウッド、トンカビーンズ

名前のとおりのクロスデザインが特徴の香水です。

サムライらしく、はじめはシトラスやフルーツのフレッシュな甘さが広がりますが、ミドルノートでミモザやジャスミンが入ることでパウダリーなテイストに変化していきます。

ラストはサンダルウッド、シダーウッドとウッディが顔を出し、エキゾチックでセクシーなメンズを演出してくれます。

他のサムライの香水とは全く違ったアジアンテイストで強く印象を残してくれるでしょう。

ライトダイヤモンド オードトワレ

トップノート:レモン、グレープフルーツ、スペアミント、グリーンリーブス

ミドルノート:バイオレット、ジャスミン、オレンジフラワー

ラストノート:ムスク、アンバー、シプレー

上記で紹介したブラックライトクロスと色違いで展開されているライトダイヤモンド。

その名の通り、ダイヤモンドを思わせるような輝きと高級感をイメージして作られています。

はじめに感じるのはサムライらしい爽やかさを醸し出すレモンと少し苦味のあるグレープフルーツの香り。

そこに爽快感のあるミントの香りが広がって、目が覚めるようなスッキリとした印象を与えます

しかしこの香水の高級感が主張するのはこの後のラストノートです。

グリーンノートのみずみずさを感じさせながら、控えめで上質な甘さを感じさせるバイオレットの香りが印象を変化させるのです。

高級感と清潔感と演出したいメンズにおすすめの香水です。

ドライビングラッシュ オードトワレ

トップノート:アップル、洋ナシ、ベルガモット、ブラッドオレンジ

ミドルノート:ワイルドローズ、リリー、ガルバナム

ラストノート:グリーンリーフ、サンダルウッド、ムスク

ドライブにピッタリのハッピーな気持ちを与えてくれる、アップルや洋ナシ、そしてベルガモットなどのシトラスから始まるこのドライビングラッシュ。

スッキリとした甘さを感じさせた後、ワイルドローズのスパイスの効いた甘さが香ります。

そしてアクセントとなる青々しいグリーンリーフの爽快感が甘い香りと中和してくれます。

最後はサンダルウッドのウッディが主張してメンズらしい雄大さを演出してくれます。

ドライビングフォース オードトワレ

トップノート:ベルガモット、ピンクグレープフルーツ、プルーン

ミドルノート:グリーンアップル、リリー、バンブー

ラストノート:サンダルウッド、シダーウッド、ムスク

続いてもドライビングシリーズからのご紹介です。

真っ白なボトルデザインからも想像できるように、清潔感のある香りが魅力的な香水です。

はじめに香るのはサムライに多いシトラスフルーツですが、特徴的なのはプルーンが入っていることで深みのある独特の甘さが感じられることです。

ミドルノートでもグリーンアップルのジューシーな甘さが広がってきますが、ここでバンブー(竹)の香りがオリエンタルな雰囲気を演出します

ラストもウッディをメインとし、広大な大地を彷彿とさせるので、誠実で大人っぽいメンズという印象を与えたい方におすすめです。

まとめ

今回はアラン・ドロン氏の手がけるブランド「サムライ」の香水の魅力とメンズへのおすすめを紹介していきました。

サムライの香水は価格がかなり安価で手に取りやすいので、今までおしゃれにあまり興味のなかった方や、これから香水デビューを考えているメンズの方には特におすすめです。

そして香水に興味を持ったら、当ブログでも様々なブランドの香水を紹介しているので是非参考にしてみてください。

サムライの香水をつけて、爽やかな香りで女性を振り返らせるモテ男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました