【モテたいメンズ必見】香水の種類や正しい付け方を徹底解説

皆さんは香水を付けていますか?

学生の方はお金に余裕がない為か、特に付けてる人が少ない印象があります。

社会人の方も身だしなみの一つとして香水が必要になってくると思います。

しかし、香りというのはモテるために必要な重要な要因の一つです。

嗅覚は他の感覚とは違い、直接脳につながっています。

そのため、記憶と香りには密接な関係があります。

ある香りを感じ取った時に、懐かしい情景や人を思い出す事ってありますよね。

「あの香り=あの人」

と印象の一つに香りというのは直結しています。

香水を付けているだけでも女性や周りの人を自然と惹きつける事ができる他に、

自分自身の気分転換や自信にも繋がります。

周りと差を付けるためにも今日から香水の事を理解し、愛用するようにしていきましょう。

香水の種類について

香水は大きく分けて4つの種類に分けられます。

どんな基準で分けられるかというと、それは

「エタノール濃度」と「香りの持続時間」

です。

一つずつ紹介していきたいと思います。

Parfum(パルファン)

・エタノール濃度 15%〜30%
・持続時間 5時間〜12時間

【P】と略されます。

4種類の香水の中で最もエタノール濃度が高く、持続時間も長いです。

価格も高価なモノが多いです。

香りが強いので、1、2滴を肌に落とす程度でも十分に香ります。

付けすぎにはくれぐれも注意です。

Eau de Parfum(オードパルファン)

・濃度 10%〜15%
・持続時間 5〜12時間

【EDP】と略されます。

パルファンに近い濃度を持っていますが価格はそれよりも安価でお求めやすくなっています。

スプレータイプのものが多いです。

パルファンには及ばずともこちらもそこそこ香りが強いので、体温の高い手首に1プッシュするだけでも十分すぎるほど香ります。

Eau de Toilette(オードトワレ)

・濃度 5%〜10%
・持続時間 2〜5時間

【EDT】と略されます。

上記の2つに比べて持続時間がだいぶ落ちます。

しかし、香りにしつこさやくどさがあまりないので日常生活で使うのに適しています

一日中香らせたいと考えている場合には香水を持ち歩くか、アトマイザーに詰め替えて朝、晩に付けるのが良いと思います。

Eau de Cologne(オーデコロン)

・濃度 1%〜5%
・持続時間 1時間〜2時間

【EDT】と略されます。

4つの香水の中でもっとも濃度が薄く持続時間も短いです。

かなりライトに香り持続時間も短いので、

香水として使うというよりはシャワー感覚で、自分の気分転換のために使うのに適しています。

4種類の特徴はそれぞれこのようになっています。

これを覚えておけば、自分の使いたいシーンに合わせた香水選びや、その香水の付ける量も意識しやすいはずです。

また、これは4つに共通して言えることですが、

くれぐれも付けすぎはNGです。

香り立ちの変化

香水は一つの香りがずっと続く訳ではありません。

時間の経過と共に刻々とその香り立ちを変化させていきます。

香りの経過時間によって名称が異なるので紹介していきます。

トップノート

その香水の第一印象を決める香りです。

香水をつけてから5分〜20分ほどがトップノートです。

最も揮発性が高く、レモンやマンドリンなどのシトラス系や、ラベンダーやローズマリーなどのハーバル系がトップノートの分類である事が多いです。

ミドルノート

その香水の中心に当たる部分と考えていいでしょう。

トップノートから2、3時間ほど持続します。

ミドルノートにはその香水のテーマやストーリーが込められている事が多いので非常に重要な香りと言えます。

落ち着いた香りのものが多く、木材の香りのウッディ系やシナモンなどのスパイス系もミドルノートに分類される事が多いです。

ラストノート

最後に香るのがラストノートです。

ベースノートとも呼ばれています。

ミドルノートから12時間ほど持続します。

サンダルウッドなどのウッディ系や、バニラ、ムスクなどの動物性の香料が分類される事が多いです。

また、シングルノートと呼ばれる香水も存在します。

その名の通り、ミドルノートやラストノートなど香り立ちの変化がなく同じように香り続ける香水の事です。

香水を選ぶ上でこれらの知識は必要不可欠ですので覚えておきましょう。

香水の正しい付け方とおすすめの部位

自分の気になった香水を購入して、いざ付けるとなった時に、

「どこに付ければいいんだ?」

と悩む方も多いと思います。

結論から言うと、ここに付けなければならないという答えはありません。

何故なら付ける場所によって香り方が違うからです。

強いて言うのであれば体温の高い部位が良いでしょう。

付けた香水が温められる事により香水の成分のエタノールをより揮発させるからです。

そこで、おすすめの場所をいくつか紹介していきます。

手首

日常生活で最も動かす部位はおそらく手ですよね。動きが多いと言うことは香りも広げやすいという事です。

人によっては手首では香りが強すぎるという意見もあるようですが、適切な量であればおすすめの部位です。

パルファンやオードパルファンであれば、

手首に1、2プッシュするだけでも少し強めに香ります。

うなじ

同じくうなじも体温の高い部位です。

手首よりも顔に近いので、自分でも香水の香りを楽しみやすいです。

こちらも同じく1、2プッシュするだけでふわっと香水の香りがあなたを包んでくれます。

太ももやひざの裏側

「足に付けて香るのか?」

と思う方もいると思いますが、香りというのは下から上へのぼるように香ります。

上記の二つに比べ、ソフトに香るのでさりげなく香らせたい時にはおすすめの部位です。

足首

太ももやひざの裏よりもさらにソフトに香りが立ちます。

歩く動作などによりソフトな香りが立ち上ってくれます。

香りに敏感な方にはおすすめです。

つけてはいけない場所

おすすめの場所を紹介しましたが、それとは別に、香水にはつけてはいけない場所もいくつか存在するのでこちらも紹介していきます。

脇汗などが気になり、その香りを打ち消そうと脇に香水をつけようとする方が居ますが脇はNGな部位です。

理由として、香水に消臭作用はありません

なので汗の匂いと混ざってむしろ嫌な香りになってしまう場合があるからです。

また、顔に近い部位なので香りが強く立ち上り過ぎてしまうので消臭の為でなくても脇に香水を付けるのはやめておきましょう。

足の裏

こちらも脇と同様の理由で、汗をかきやすい部位であるためおすすめしません。

足に付ける場合には足首につけるようにしましょう。

髪の毛

意外に思われる方もいると思いますが、香水に含まれるエタノールは髪の毛を傷つけてしまいます

髪の毛に香りを付けたい場合には、ヘアコロンやヘアスプレーを用いるようにしましょう。

まとめ

一口に香水といっても様々な種類と付け方があることがわかりましたね。

記事の冒頭でも話したとおり、香りが少し違うだけでも周りの人の反応が変わったり

自分の気分も変わります。

この記事を読み終えたあなたはもう十分に香水について理解できています。

香水が欲しいけど手が出せていないという方はこの機会に是非、手を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

素敵な香りで周りを魅了して、モテる男になりましょう!

タイトルとURLをコピーしました