自宅で気軽にヒゲ脱毛!メンズにおすすめの家庭用脱毛器人気ランキング5選【種類や選び方も解説】

家庭用脱毛器

メンズにとっての髭は、おしゃれを楽しむファッションの1つですが、同時に悩みの種でもあります。

なぜなら、「青ひげが目立つ」「シェービングで肌荒れを引き起こす」といったコンプレックスや、肌トラブルに悩まされるメンズの方が多いからです。

しかし、サロンやクリニックのヒゲ脱毛はお金や時間がかかるし、痛みも心配ですよね。

そこでおすすめなのが、自宅で気軽にヒゲ脱毛ができる「家庭用脱毛器」の存在です。

家庭用脱毛器が1台あれば、それだけでヒゲ以外の気になるムダ毛もすべて、自宅で自分自身で処理することができるのでおすすめです。

このページでは、メンズに最適なおすすめの人気家庭用脱毛器を厳選して5つご紹介しています。

ぜひ、あなたにぴったりな家庭用脱毛器を見つけてみてください。

家庭用脱毛器には2つの種類がある

まずは、自宅で使える家庭用脱毛器の種類から見ていきましょう。

家庭用脱毛器は、大きく分けると次の2種類が存在します。

・フラッシュ式脱毛器

・レーザー式脱毛器

この2つの脱毛器には、それぞれ異なる以下のような特徴があります。

フラッシュ式脱毛器の特徴

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、サロンやエステで導入されている光脱毛器とメカニズムが同じです。

黒色のメラニン色素に反応する光を照射し、毛根部分にある「毛乳頭」や「毛母細胞」といった毛を成長させる発毛組織に、熱ダメージを与えていきます。

黒い毛から、毛根に熱を伝達させる仕組みとなっているため、脱毛直後の毛は導火線のような役割を果たしていると覚えておきましょう。

繰り返し光を照射することで、減毛効果を得ることが可能です。

なお、光を照射するフラッシュ式の家庭用脱毛器は、痛みを感じやすいデリケートなヒゲ脱毛であっても、我慢できないほどの痛みではありません。

次でご紹介するレーザー式と比較すると、痛みは緩和されているため、ヒゲ脱毛による痛みが不安な人におすすめです。

レーザー式脱毛器の特徴

レーザー式の家庭用脱毛器は、クリニックの医療レーザー脱毛器と同じメカニズムです。

黒色のメラニン色素に反応するレーザーを使い、効果的に発毛組織を熱破壊していきます。

しかし、家庭用のレーザー脱毛器は、医療機関で取り扱っているレーザー脱毛器とは、出力が異なります。

火傷等の肌トラブルを回避するためにも、低い出力でレーザーを照射する仕組みです。

その分痛みは緩和されていますが、一度で得られる脱毛効果はそこまで高くありません

理想の減毛効果を得るためには、繰り返し脱毛しなければいけないことを、覚えておいてください。

また、フラッシュ式の家庭用脱毛器と比較すると、レーザー式は照射面積が小さいです。 その分、脱毛にかかる時間は長くなってしまうので、「手間をかけても、フラッシュ式脱毛器よりワンランク上の効果を実感したい」と考える人におすすめです。

男性の家庭用脱毛器の選び方

ポイント 説明

家庭用脱毛器の多くは、女性向けに開発されています。

男性が使用する場合には、剛毛な男の毛(ヒゲ)にも効果があるのかを、しっかりと見極めなければいけません。

そこで注目したいのが、次の3つのポイントです!

照射出力を細かく設定できる

フラッシュ式にしても、レーザー式にしても、黒色のメラニン色素を通して、発毛組織に熱を与えるメカニズムは同じです。

したがって、黒くて太い毛(ヒゲ)ほど高い脱毛効果を発揮しやすいですが、その分パワーも重要になってくるので、メンズ向けの家庭用脱毛器は照射出力を細かく設定する必要があるんですね。

また、脱毛を始めたばかりの時期にあまり高い出力で光やレーザーを照射してしまうと、痛みや肌トラブルを引き起こす危険性があります。

このようなリスクを避けるためにも、メンズが家庭用脱毛器を選ぶ際には、照射出力を細かく設定できるものをできるだけ選ぶようにするのがおすすめです。

ヒゲ(顔)に使用できる

家庭用脱毛器は、顔に使用できるものと使用できないものがあります。

万が一、顔に対応していない家庭用脱毛器を購入してしまうと、当然ながらヒゲ脱毛に活用することができません。

これではお金の無駄になってしまうので、必ず顔にも使用できる「ヒゲ脱毛」に対応した家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

設定されている照射回数が多い

自宅でセルフ脱毛が可能な家庭用脱毛器の多くには、あらかじめ照射回数が設定されています

メンズ用の家庭用脱毛器は、十分な減毛効果を期待するために繰り返し脱毛の施術が必要です。

女性の柔らかい体毛より回数や時間がかかってしまうため、設定されている照射回数が多いものを選ぶとコスパが良いのでおすすめです。

なお、家庭用脱毛器の中には、カートリッジを交換すれば使い続けられるものと、カートリッジが取り付けられないものの2種類があります。

どちらにしても、設定回数を超えることによりコストが発生してしまうため、節約するためにも設定された照射回数は必ずチェックしておいてください!

家庭用脱毛器の価格帯

価格 イメージ

家庭用脱毛器の価格帯は非常に広く、7,000円~80,000円ほどとなっています。

主に出力、照射回数、レーザー式かフラッシュ式かの種類の違いなどにより価格は変わってくるようですね。

長い期間、安心して家庭用脱毛器を使いたいという方が多いため、少し高価ですが40,000円~の価格のものが人気ですね。

しかし、サロンやクリニックに通う手間や費用を考えれば、家庭用脱毛器のコスパはかなり良いのでおすすめです。

メンズに最適なおすすめ家庭用脱毛器5選

家庭用脱毛器の種類や、男性が使用する場合の選び方がわかったところで、さっそくメンズに最適なおすすめ家庭用脱毛器をご紹介していきます!

エムテック ケノン

・メーカー : エムテック

・脱毛方式 : フラッシュ式

・対応部位 : 顔・体

・照射回数 : 300万発

ケノンは、楽天ランキングで常に1位を獲得している人気な家庭用脱毛器です。

日本で1番売れている家庭用脱毛器といっても過言ではありませんが、ここまで人気を集めているのには、次のような理由があるからなんですね。

・メンズの剛毛な毛にも効果がある

・カートリッジを交換すれば何度でも使える

・照射出力を10段階で調整できる

・最大300万発打てるから全身脱毛も可能

光の照射パワーを10段階と細かく設定できるため、メンズの剛毛な毛(ヒゲ)に対して確かな効果を発揮します。

また、最大300万発打てるといった高寿命な機能性があるのに、カートリッジを交換すれば何度でも繰り返し使用することができるのでおすすめです。

家庭に1台あれば、家族や夫婦で使用することも可能ですね!

さらに、ケノンには数種類のカートリッジが付属されています。

美肌効果を期待できるスキンケア用のカートリッジもあるので、こちらを利用すればヒゲ脱毛と同時にお肌のケアも可能ですので、もちろん女性にもおすすめできます。

【使用者のレビュー】

医療脱毛、エステ脱毛含めて検討したけど、これにして良かった。

週1ペースでケアすると手間と回数は多くなるけど、間隔の空くサロンよりもトータルの脱毛期間が早かったというブログを画像付きで見たのがきっかけです。

何より髭も含めて7万円で全身脱毛ができるってすごいことだと思います。

やってもらった方が楽ですけどね。地道に続けられるにはいいのではないでしょうか。

届いてすぐ、冷やさずにレベル10で腕に試し打ちしたら、ピリッとしてしばらくジンジンしてました。

数時間後、四角い跡に・・・効いてるのが分かります。

ストロングカートリッジで髭も完全に駆逐してたので、今からとても楽しみです。

Amazon.co.jp

脱毛ラボ ホームエディション

・メーカー : 脱毛ラボ

・脱毛方式 : フラッシュ式

・対応部位 : 顔・体

・照射回数 : 30万発

女性向けの脱毛サロン「脱毛ラボ」から販売されている、家庭用脱毛器 ホームエディションです。

この商品はフラッシュ式を採用しており、顔やデリケートゾーンを含む全身の脱毛が可能です。

メンズのヒゲ脱毛にも高い支持を集めている家庭用脱毛器のため、剛毛なヒゲにも問題なく使用することができそうですね。

なお、こちらの家庭用脱毛器には痛みを軽減するための冷却クーリング機能が搭載されており人気を獲得しています。

このクーリング機能のおかげで、1ショット12ジュールといった業務用の光脱毛器と変わらない照射パワーを誇るのに、痛みを大幅に軽減することができるのでおすすめです。

さらに、設定されている照射回数は30万発となりますが、どの照射レベルでもこの回数脱毛することができます。

理想の状態に近づくため、何度でも脱毛を繰り返すことができるので、コスパにも優れていますね。

【使用者のレビュー】

こちらが人気だと聞いたのでアマゾンで購入しました。

まずは私がすね毛を脱毛してみましたが、心配していた痛みもほとんど感じませんでした。2回目からは気になるところ全部脱毛していますが連射機能があるのでさほど時間もかかりません。

これなら高校生の娘と一緒に使用してもいいのかなと思います。

Amazon.co.jp

パナソニック 光エステ ボディ&フェイス用(ES-WP82)

・メーカー : パナソニック

・脱毛方式 : フラッシュ式

・対応部位 : 顔・体

・照射回数 : レベル5でおよそ30万発

大手家電メーカーのパナソニックから販売されているのが、こちらの光エステです。

連続発光するWランプを採用しているため、スピーディーに脱毛することができます。

また、Wランプを導入したことにより、肌への刺激も大幅に軽減されているんですね。

敏感肌のメンズや、痛みを感じやすいメンズにおすすめで、安心して始められる家庭用脱毛器です。

ちなみにこちらの光エステには、肌検知センサーが搭載されています。

この肌検知センサーで肌の色を自動識別していくため、自分にとって1番安全で効果的な照射レベルを選ぶことができるのです。

照射レベルを設定するのが難しいと感じる家庭用脱毛器初心者のメンズの方には特におすすめですね。

【使用者のレビュー】

腕と足への使用を初めてから、3週間ほどで効果が実感できました。

男なので、女性よりも効果が現れるまでかかったかもしれません。

足などは照射漏れの箇所もあり、完全に脱毛されたわけではないですが、しっかり当たった場所は数日後に自然に抜け落ちて綺麗になっていました。

髭の照射はまだ2度目で効果が実感できるほどの変化は見られません。

髭の毛根は他と比べて強いのでもう少し使ってみて効果を確認しようと思いす。

Amozon.co.jp

フィリップ ルメア プレステージ

・メーカー : フィリップス

・脱毛方式 : フラッシュ式

・対応部位 : 鼻から下の全身

・照射回数 : 25万回

この家庭用脱毛器は、鼻から上は対応不可となっていますが、鼻より下であれば問題なく脱毛することができるため、ヒゲにも活用しているメンズが多いようですね。

高機能なスマートスキンセンサーが搭載されているので、照射パワーを自分で選択しなくても、ベストな状態を選んでくれるのでおすすめです。

さらに、ルメア プレステージには誤照射を防ぐ「安全センサー設計」になっているのも特徴的で人気の要因の1つです。

家庭用脱毛器は,角度を間違えると十分な効果を期待することができません

これが初めて使う人には意外と難しいのですが、安全センサー設計があることで、正しく当たっているのかをしっかりと見極められるので、家庭用脱毛器を使ったことのないメンズに方にもおすすめできます。

【使用者のレビュー】

レビューがよく、体毛を薄くしたいとのことでこちらを購入。当方男性。

届いてから、顔を4回、足を2回、腕を3回使用しました。正直期待はしていませんでしたが、髭がピンセットで軽くつまんだだけだポロリと落ちるようになりました。腕もなかなか生えてこなくなったうえに、段々と薄くなってきたのが実感できます。足は毛が生えるのは遅くなりましたが、質自体は変わった気はしませんね。最初からレベル5でやりましたが、足以外はそんなに痛くないです。太ももやるときはレベル下げた方がいいかもしれないです。痛すぎます笑

買って損はしないです。確実に効果見れてます。でも値段が安くはないので、しっかり考えて買ったほうがいいですね。他の方のレビューもしっかり見たほうがいいと思います。
これからも続けてみて、さらに良くなるようであれば星を5の方に変更したいと思います!

Amazon.co.jp

パーソナルレーザー脱毛器 4X

・メーカー : トリア

・脱毛方式 : レーザー式

・対応部位 : ヒゲ・体

・照射回数 : 25万発

今回ご紹介する家庭用脱毛器の中で、唯一のレーザー式なのがこちらのトリア パーソナルレーザー脱毛器 4Xです。

クリニックの医療レーザー脱毛で使用されている「ダイオードレーザー」を採用しており、ピンポイントで高い脱毛効果を発揮します。

広範囲を脱毛するのには向きませんが、剛毛なヒゲも細部までしっかりと脱毛できるからこそ、メンズから人気を博しています。

また、こちらの家庭用脱毛器はヒゲだけでなく、もみあげのお手入れにも使用することができます。

指毛を脱毛するのにも便利なスポット式を採用しているので、細かい部分までしっかりと脱毛したいメンズの方におすすめです!

【使用者のレビュー】

届いて早速腕にレベル1~5まで試してみました。

毛の薄い部分でしたのでレベル5でも保冷剤無しで我慢できるくらいでした。一瞬熱めのお湯を一滴落とされたような感じでした。メインは髭、脇毛、胸毛、へそ周り、Vライン、足なので痛さに耐えながら根気よくやっていこうと思います。

サロンでこれだけの部位をやればかなりの金額になりますので、4万円ぽっちで自宅でできて効果があれば最高だと思います!

rakuten.co.jp

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛する際の注意点

注意点 チェック

家庭用脱毛器を使って、セルフヒゲ脱毛に初めて挑戦する人は、次の5つの注意点に気をつけてください。

傷やアザがある箇所には使用しない

傷 けが

光やレーザーを使った家庭用脱毛器の多くは、黒いメラニン色素に反応する仕組みを採用しています。

そのため、傷やあざがある箇所は肌色が濃くなっていることから、光やレーザーが反応しやすいんですね。

状態を悪化させてしまうリスクが高まるため、絆創膏などを使ってテープで保護してから他の箇所を脱毛するようにしてください。

脱毛前後・脱毛中は肌を冷却する

保冷剤 冷却

顔は、体の皮膚よりも薄いです。

皮膚の薄いデリケートな部分を脱毛していくのがヒゲ脱毛となるため、どのような方法を使っても痛みを感じやすくなっています。

この痛みの軽減におすすめのが冷却です。

保冷剤や冷たいタオルを利用し、脱毛する箇所をしっかりとクーリングしましょう。

脱毛前後や脱毛中にしっかりと肌を冷却することで、痛みを緩和することができます。

また、脱毛後の冷却は肌トラブルの予防にもつながるので、積極的に行うことをおすすめします。

低い出力レベルでスタートする

低出力

脱毛器の照射レベルは、高ければ高いほど脱毛効果が大きくなります。

しかし、いきなり高出力で光やレーザーを照射してしまうと、痛みが強かったり、肌荒れを引き起こしたりする可能性があるんですね。

このようなリスクを避けるためにも、最初は低い出力レベルでスタートし、徐々に照射レベルを上げていきましょう。

脱毛中は日焼け対策を徹底する

日焼け対策 日焼け止め

黒色のメラニン色素に反応する脱毛器は、日焼けすることにより施術が不可となる場合があります。

こんがり小麦色に焼けた肌に脱毛の施術を行うと、火傷リスクを高めてしまうからなんですね。

また、脱毛後に大量の紫外線を浴びると、色素沈着を引き起こしてシミを作り出してしまう可能性も。

トラブルを引き起こさないためにも、脱毛中は日焼け止めクリームマスクを活用し、日焼け対策を徹底することをおすすめします。

脱毛後は必ず肌を保湿する

肌の保湿

脱毛後の肌はかなりデリケートな状態になっています。

光やレーザーを当てたことにより内部に熱が蓄積され、肌も乾燥しやすい状態となっています。

通常よりも肌トラブルを引き起こしやすくなるため、脱毛後は化粧水や乳液を活用し、しっかりと肌を保湿してあげてくださいね。

まとめ

家庭用脱毛器は、繰り返し何度も使用することにより、徐々に減毛効果を発揮します。

短期間で理想の状態を手に入れるのは難しいですが、地道にコツコツと続けることで、

・青ひげが目立たなくなる

・シェービングの手間を省ける

このようなメンズにとってはとても嬉しいメリットが得られるようになるのでおすすめです。

なお、家庭用脱毛器に永久脱毛の効果はありません

世界的に永久脱毛と呼べるのは、毛穴1本1本に専用の針を差し込む「ニードル脱毛」だけです。

痛みが強いといった大きなデメリットがあるため、最近では永久脱毛にこだわらない人が増えています。

青ひげをなくしたいメンズや、髭剃りにかかる手間を楽にしたいメンズの方は、家庭用脱毛器でも十分な効果を期待することができるため、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました