フィットネスシューズの選び方とメンズへのおすすめ人気10選【手入れの方法も解説】

フィットネスシューズ メンズ

食欲の秋は、ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーしてしまうもの。
いつの間にか体重が増えていたり、お腹がぽっこりと出ていたりすることも、少なくありません。

そんな太りやすい時期に最適なのが、天候に左右されず、室内で体を動かせるスポーツジムです。
有酸素運動や筋トレを効率よく取り入れることで、太りにくい体を手に入れることができます!

このページでは、そんなスポーツジムで運動効率をアップできるメンズにおすすめのフィットネスシューズを、ご紹介しています。

・フィットネスシューズの選び方がわからない
・フィットネスシューズのおすすめが知りたい

このように考えてるメンズの方は必見ですよ。

フィットネスシューズと普通のシューズの違い

チェック 確認

フィットネスシューズを購入する際に一番気になるのが、普通のシューズとフィットネスシューズの違いですよね。

結論からお話しすると、普通のシューズとフィットネスシューズではソールの構造が異なります

フィットネスシューズは、体を動かす目的で開発されたシューズとなるので、普通のシューズと比較して、クッション性の高いソールが使われているんですね。

各メーカーから販売されているシューズの種類によって特徴は異なりますが、用途に合わせてクッション性を調整しています。

また、普通のシューズよりもフィットネスシューズは柔らかいものが多いです。
運動しやすいように設計しているので、足との密着度が通常のシューズよりも優れているのでおすすめです。

フィットネスシューズは用途に合わせて選ぶのがおすすめ

フィットネスシューズ メンズ

大手シューズメーカーといえば、「NIKE」「adidas」「ニューバランス」を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、フィットネスシューズはかなり幅広いメーカーから多くの商品が販売されているので、メーカーにこだわらず自分にフィットしたものを選ぶのが大切です。

また、フィットネスシューズを選ぶ際には、用途に合わせたものを選ぶのが良いですね。

スポーツジムでどのようなトレーニングするのかを考え、そのトレーニングに合う特徴を持ったシューズを選ぶと、怪我防止にも役立ちます。

ランニング

ランニング

ランニングメインでトレーニングをする場合は、クッション性の高いランニングシューズを選ぶようにしてください。

ランニングシューズは、他のトレーニングシューズと比較して次のような特徴があります。

・ソールが厚い
・軽量に作られている

重量を軽くし、クッション性に特化することによって、膝への負担を大きく軽減することができるんですね。

どんなトレーニングにも利用可能な「万能型フィットネスシューズ」も販売されていますが、ランニングメインなら、軽量かつクッション性の高いランニングシューズを選ぶ方が、効率よく運動ができます!

ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニング

バーベルやダンベルといった、負荷をかけて体を鍛えるウエイトレーニングをメインにする場合は、安定感に優れたフィットネスシューズがおすすめです。

一般的に販売されている万能型フィットネスシューズでも十分に対応可能ですが、より安定性を求めたいのなら、レスリングシューズも良いですね。

ソールは硬めのものを選ぶと、足元が安定してウエイトトレーニングがしやすくなります。

スタジオプログラム(エクササイズ)

エクササイズ

エクササイズなどのスタジオプログラムを目的にジムへ通う場合は、ハイカットタイプのフィットネスシューズが良いですね。

くるぶしまで覆うハイカットは、激しい動きをしても安定感があります

ただし、ホールド力に優れたハイカットのフィットネスシューズは、重量が重くなりがちです。
ダンスやステップの妨げになるのが不安な人は、軽量タイプのものを選ぶようにしてください。

メンズにおすすめのフィットネスシューズ人気10選

今回は、Yahoo!ショッピング、楽天市場、Amazonといった、ネット通販で売れ筋の商品をピックアップしました。

商品の特徴について軽くご紹介しているので、ぜひ自分に合ったフィットネスシューズを見つけてみてください!

アンダーアーマートレーニングシューズ BAMトレーナー 3019943 メンズ

・メーカー : UNDER ARMOUR
・販売価格 : 17,986円(Amazon参考価格)
・重量 : 300g(27.0cm)

ジムでのトレーニングに最適な「トレーニングシューズ BAMトレーナー 3019943 メンズ」

こちらのシューズは、特殊なヒールパーツがかかとによくフィットするため、安定感を得ながら運動できるんです。

体を支えられるように、中の作りが少し分厚くなっているため購入される際はワンサイズ上がおすすめです。

また、メッシュアッパーを使用しているので、軽くて蒸れないのが嬉しいですね。

ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー シリーズ

・メーカー : MIZUNO
・販売価格 : 2,991円(Amazon参考価格)
・重量 : 250g(27.0cm)

トレーニングだけでなく、普段でも履ける万能な「ランニングシューズ マキシマイザー」シリーズ

耐摩擦性に非常に優れたラバーを使用しているこちらのシューズは、耐久性が高く長く使うことができます

さらに、ミズノの靴の特徴である、甲回りが広めに作られているため、足先が窮屈に感じることなく、長時間履くことができるのが特におすすめポイントです。

ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース シリーズ

・メーカー : MIZUNO
・販売価格 : 10,142円(Amazon参考価格)
・重量 : 260g(23.5cm)

ダンスエクササイズにぴったりな「フィットネスシューズ ウエーブダイバース 」シリーズ 

踵部・前足部に円状のデザインを施したこちらのシューズは、体をひねったり、回したりして運動するメンズにおすすめです。

ソールに工夫が凝らしてあるので、安定感のある履き心地になっています。
シューズの裏に通気システムがついていて、蒸れにくいのが嬉しいですね。

HMIYA フィットネスシューズ メンズ

・メーカー : HMIYA
・販売価格 : 2,899円(Amazon参考価格)
・重量 : 170g(23.0cm)

HMIYAの優れた軽さが自慢の「フィットネスシューズ メンズ」

こちらのシューズは、爪先部分が足の指のようなデザインになっているため、万が一何かと衝突したときに指先を守ってくれる優れものです。

靴底に凹凸のデザインが施されているので転びにくく、足場の悪い所でも安心して運動できます

男女兼用で使うことができ、カラーバリエーションも豊富なので、パートナーとお揃いにしても楽しいですね。

メレル フィットネスシューズ ムーブグローブスエード

・メーカー : MERRELL
・販売価格 : 15,400円(Amazon参考価格)
・重量 : 215g(27.0cm)

まるではだしのような感覚が味わえるメレルの「フィットネスシューズ ムーブグローブスエード」

はだし感覚と聞くと、一見安全性は低そうですが、なんと衝撃吸収性とクッション性にまで優れたシューズなんです。

抗菌機能も優れているため、臭いのない清潔な状態を保てるのが嬉しいですね。

見た目もおしゃれなので、ファッションに活用しても個人的にはおすすめです。

プーマ フィットネスシューズ マントラ シリーズ

・メーカー : PUMA
・販売価格 : 4,980円(Amazon参考価格)
・重量 : 245g(27.5cm)

カッコいい見た目が特徴的な「フィットネスシューズ マントラ 」シリーズ

こちらのシューズは、ニット素材を使用しているため、まるで靴下を履いているかのようなフィット感を味わえます。

また、プーマ独自の軽いミッドソールを採用しているので、快適にトレーニングすることができますよ。

サグアロ ベアフット ランニングシューズ ポータブル フィットネスシューズ

・メーカー : SAGUARO
・販売価格 : 3,280円(Amazon参考価格)
・重量 : 136g(22.5cm)

軽くて柔らかく動きやすい「ベアフット ランニングシューズ ポータブル フィットネスシューズ 」

競泳水着にも採用される「スパンデックス生地」を使用しているこちらのシューズは、通気性に非常に優れています。

ラバーソールも頑丈なので、底がすり減りにくく、滑りずらいです。
靴の先端が分厚いため、指先を衝突から守ってくれます。

様々な機能に優れた優秀なシューズなので、様々な運動をしたいメンズにおすすめのフィットネスシューズです。。

アディダス ランニングシューズ ウルトラブースト シリーズ

・メーカー : adidas
・販売価格 : 12,000円(Amazon参考価格)
・重量 : 310g(27.0cm)

思わず走りたくなるような反発力を備えた「ランニングシューズ ウルトラブースト」シリーズ

こちらは、ポリウレタン性のヒールがかかとにフィットする、安定感のあるシューズです。
ニットアームがしっかりと足に密着してくれるため、快適なフィット感を味わうことができます。

各パーツの機能性が際立つ、ランニングに適したシューズですね。

見た目もシンプルでかっこいいのでストリート系のファッションにもおすすめです。

ナイキ ランニングシューズ エア ズーム ペガサス 37

・メーカー : NIKE
・販売価格 : 8,980円(Amazon参考価格)
・重量 : 285g(28.0cm)

高度なクッション性が特徴的な「メンズ ランニングシューズ エア ズーム ペガサス 37」

こちらのシューズは、クッション性にこだわりがあり、前足部に独自のクッションを取り入れているので反発力に優れています

全体にメッシュをあしらっているので、通気性もバッチリですね。

ランニング用のシューズを探しているメンズには特におすすめです。

足袋型トレーニングシューズhitoe

・メーカー : MARUGO
・販売価格 : 13,200円(Amazon参考価格)
・重量 : 338g(27.0cm)

新しい形が印象的な「足袋型トレーニングシューズhitoe」

足の指の動きをトレーニングに生かすために開発された足袋型シューズです。

普段は動きを取りにくい足の指を使うことによって、全体のバランス力を向上することができます
地面を掴む力が強化されるので、瞬発力や推進力の高まりが期待できますね。

フィット感が低下したら買い替えを検討しよう

交換 CHANGE

フィットネスシューズの寿命は、人によって大きく異なります。
1年持つ人もいれば、半年程度しか持たない人もいるので、一概にいうことができないんですね。

そこで注目したいのが、フィット感です。

フィットネスシューズは繰り返し使っていると、インソールやクッションが劣化していきます。

たとえ見た目が綺麗な状態だったとしても、目で見てわからない部分が少しずつ劣化していき、購入したての状態とは大きく変わってしまっているんです。

この状態で長く使ってしまうと、トレーニング中に怪我をしてしまう可能性もあるので、フィット感が損なわれてきたと感じたら、すぐにでも買い替えを検討してください。

なお、フィットネスシューズを少しでも長持ちさせたい人は、日ごろからお手入れすることが大切です。

フィットネスシューズを長持ちさせるお手入れのコツ

ポイント 説明

ジムで体を動かした後は、体温が上がり汗をたくさんかきます。

洋服と同じように、フィットネスシューズも温度と汗によって湿気がこもりやすくなるため、そのまま放置してしまうと、劣化を早める原因になってしまうんですね。

少しでも長く履きたい場合には、次のお手入れをこまめに行ってください。

シューズを乾燥させる

フィットネスシューズを使用した後は、必ずシューズを乾燥させましょう

靴ひもはすべて緩め、足口を大きく広げます。
取り外し可能なインソールが入っている場合は、必ずこちらも取り出してください。

なお、シューズは直射日光が当たると、縮んだり傷んだりする恐れがあります。
天日干しは避け、陰干しをするようにしましょう

汚れはぬるま湯で落とす

シューズ表面についてしまった汚れは、柔らかめの歯ブラシなどを使い、ぬるま湯でやさしく洗ってください

洗剤を使ってたわしでゴシゴシ洗うと、シューズの劣化が早まります。
ちょっとした汚れ程度であれば、濡れたタオルで拭き取るだけでも良いですね。

洗った後は、上記でご紹介した乾燥方法同様に、陰干しするようにしてください。

まとめ

今回はフィットネスシューズの選び方やお手入れの方法、メンズにおすすめの人気ブランドを紹介していきました。

フィットネスシューズを履くだけでランニングやトレーニングのモチベーションが高まるだけでなく、パフォーマンスも高まるので是非手に入れたいですね。

メンズ向けのフィットネスシューズは種類も多いので、是非この記事を参考に選んでみてください。

フィットネスシューズを履いて運動して、女性を惹きつけるモテ男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました