CREED(クリード)の香水の魅力とメンズへのおすすめ人気10選【プレゼントにも】

クリード アヴァントゥス
出典:Pinterest.jp

歩いていてふと香ってきた香りが懐かしくて、足を止めてしまった・・・。

そんな経験は誰もが一度はあるのではないでしょうか?

香りのもたらす印象というものはとても根強く、忘れられないものです。

香水の種類や付け方が分からないという方はこちらの記事も参考にしてみてください↓↓

こちらの記事では人気香水ブランである「creed(クリード)」の魅力や選び方、メンズへのおすすめを具体的にご紹介していきます。

ぜひ、香水選びの参考にしてみて下さいね。

creed(クリード)とは

クリード 香水
出典:pinterest.jp

creed(クリード)は1760年、ジェームス・ヘンリー・クリード氏によってロンドンで創業されました。

なんと300年以上の歴史を誇る由緒正しきフレグランスブランドなんです。


その高貴な香りはイギリス王室でも認められ、ビクトリア女王の時代には皇室専用のフレグランスブランドとして任命されます。

creed(クリード)は1世代には留まらず、その後かの有名なナポレオン3世を始めとし、国境を越えてオーストリアハンガリー帝国のエリザベート皇后などたくさんの上流階級の人々に愛されました。

1854年に拠点をパリに移したことで、creed(クリード)は更にたくさんの人から支持を受けることに。

それまでは上流階級の嗜みであった香水が徐々に一般の民にも広がり、creed(クリード)は人気香水ブランドとして確固たる地位を築いていきました。

一般人気はもちろん、現在でもイギリス王室に深く愛され続けています。

creed(クリード)の魅力

ポイント 説明

では、長い間イギリス王室を始めとするたくさんの人々に愛されるcreed(クリード)の魅力についてお話ししていきましょう。

厳選された天然の香料

まず1つ目の魅力は、250年という長きに渡り選び抜かれた選りすぐりの天然の香料を使用しているという点です。

良い香りを作り出す原料は世界中にたくさんありますが、どの原料をとっても最も質の高いものを研究しつくしているのがcreed(クリード)です。

他の香水ブランドと比べても長い歴史を持つcreed(クリード)ならではの魅力です。

単体はもちろん、他の原料と組み合わせることでより素晴らしい香りを生み出すので、香りの研究は奥深く、終わることがないんですね。

洗練された香り

2つ目が香りそのものの素晴らしさです。

たくさんの香水があるcreed(クリード)ですが、どれをとっても変わらないのがその上品で高貴な香り。

爽やかだったり、甘いものだったり、ものによって感じるテイストは異なりますが必ず感じられるのがその品の良さなんです。

その香りを身にまとった人を必ず上品に演出してくれるのが何にも代えがたい魅力ですね。

世界に誇る高い技術力

最後にご紹介するのがcreed(クリード)の誇る高い精製技術です。

どんなに質のいい原料を使用しても、技術が伴わなければ一流の香水を作ることはできません。

creed(クリード)は長年研究された技術を駆使しているからこそ、長い歴史の中で一度も廃ることなく、人気香水ブランドとして第一線を走り続けているのです。

これがcreed(クリード)の香水の最大の魅力だと言えますね。

creed(クリード)の香水の価格帯

価格 イメージ

メンズにおすすめのcreed(クリード)の香水人気10選

ではここからは、メンズにおすすめのcreed(クリード)の人気香水を紹介していきます。

どの香水も素晴らしい香りなので、是非チェックしてみてください。

アバントゥス オードパルファム

・トップノート:オレンジ、フレッシュガルパナム

 

・ミドルノート:チュベローズ、ミュゲ、イランイラン

 

・ラストノート:ムスク、バニラ、シチリアオレンジフラワー

ボトルはガラスとブラックのシンプルなデザインで、スタイリッシュなものとなっています。

過去には騎士の使う香水としてイギリスで人気を博し、現在もcreed(クリード)の男性用香水で1番の人気を誇っています。

かつて忙しく勇敢に闘ってた騎士の休息をイメージして作られた香りなので、パイナップルを始めとしたトロピカルな甘さがほんのり香ってくるのが特徴となっています。

南国の明るさや陽気さは、現代でも疲れた心を存分に癒してくれるでしょう。

しかし、その中にムスクやアンバーグリスといった官能的な香りを感じさせることで、陽気なだけでは終わらず、品のあるセクシーな男性らしさも演出してくれますよ。

アイリッシュ ツイード オードパルファム

・トップノート:レモン、ミント、バーベナ

・ミドルノート:バイオレットリーフ


・ラストノート:サンダルウッド、アンバーグリス、アイリス

こちらのアイリッシュツイードは、イギリス王室のチャールズ皇太子、そしてジョージ・クルーニーを始めとする海外セレブの男性に愛されるcreed(クリード)の大人気の香水です。

バイオレットリーフを使用し、上質な深みのあるフローラルテイストでありながら、レモンやミントといった爽やかさを兼ね備えているので、嫌らしくないセクシーさを演出してくれるのが魅力。

柑橘系の香りから爽やかに始まり、終わりにかけてサンダルウッドやアンバーグリスのパウダリーな香りが鼻を通っていくので、若い年齢の男性はギャップを生み出す効果も期待できますね。

上品さやエレガントさを演出したいメンズにおすすめです。

アクア オリジナル チュベローズ オードパルファム

・トップノート:オレンジ、フレッシュガルパナム

・ミドルノート:チュベローズ、ミュゲ、イランイラン

・ラストノート:ムスク、バニラ、シチリアオレンジフラワー

このアクアオリジナルシリーズは、創業者であるクリード氏が世界中を歩いた中で印象に残った素晴らしい景色をイメージして作られたと言われています。

このチュベローズの香水は、インドやトスカーナで感じたエキゾチックな魅力を表現しています。

また、チュベローズには「魅惑的」「危険な魅力」という花言葉があり、この香水もそれに見合った上品かつ官能的な香りを感じることができます。

女性にとても人気が高い香水ですが、セクシーさを演出したい男性にも

エロルファ オードパルファム

・トップノート:レモン、オレンジ、バジル、ベルガモット、メロン、ローズマリー

・ミドルノート:ジンジャー、ジャスミン、コリアンダー

・ラストノート:サンダルウッド、シザーウッド、アンバームスク

1992年に発表された香水で、名称はクリード家の人物から由来しているといわれています。

親族の名前が使用されていることから、とても大切に作られた思い入れのある香水なのだということがわかりますね。

香りは柑橘系やハーブを中心とし、海のように涼し気で爽やかな印象を与えてくれます。

ボトルもそれに合わせ鮮やかなブルーが採用され、見るだけで夏のビーチを思わせてくれる香水です。

イメージの通り、秋冬よりも夏におすすめの香水です。

ラブインブラック オードパルファム

・トップノート:スミレ、ヴァージニアシダー

・ミドルノート:ムスク、クローブ、アイリス


・ラストノート:ローズ、ブラックカラント

ボトルは印象的なオールブラックで、この香水のコンセプトである「誘惑」を象徴しています。

一度感じればなかなか忘れることのできない、セクシーで魅惑的な香りです。

男女問わず大人な魅力を演出したい方に人気で、芸能人では叶姉妹の姉、恭子さんが使用していることでも有名です。 

ちなみにこれとは対称的な「純愛」をコンセプトとするラブインホワイトという香水も販売されています。

こちらは女性らしいフローラルテイストなので、恋人とペアで購入するのもおすすめですよ。

ベチバー オードパルファム

・トップノート:パイナップル、アップル、ベルガモット、ブラックカラント

・ミドルノート:ジャスミン、パチョリ、ジュニパーベリー、バーチ


・ラストノート:ムスク、アンバーグリス、バニラ、オークモス

柑橘系やハーブを中心とし、爽やかでスッキリとした印象なので女性にも人気のある香水です。
爽やかな中にも上品さを感じられるのがcreed(クリード)の魅力ですね。

嫌らしくない爽やかで誠実な雰囲気を持ちつつも、男性らしい大人の上品さも捨てられないというメンズの方におすすめの香水です。

さりげなく優しい、なのに品のあるセクシーさを纏うことができますよ。

ボトルデザインも香りの雰囲気を表した柔らかなグリーンが人気を博しています。

キャップのブラックがアクセントになるので、メンズの部屋のインテリアにもおすすめです。

オリジナル サンタル オードパルファム

・トップノート:サンダルウッド、コリアンダー、シナモン、ジュニパーベリー

・ミドルノート:ローズマリー、ジンジャー、ラベンダー

・ラストノート:トンカビーン、バニラ

エキゾチックな香りを纏わせるサンダルウッド、トンカビーン、コリアンダーなどなどたくさん含まれているため、アジアンな温かみを感じさせてくれます

更にシナモンやジンジャー、ローズマリーによってフルーティーなスパイスを加えてくれるので、飽きのこない魅力的な香りが特徴です。

ボトルはエキゾチックな雰囲気にピッタリのイエローからオレンジのグラデーションを採用しています。

インテリアとして部屋に飾れば、視覚的にも存分に楽しむことができますね。

ミレジム アンペリアル オードパルファム

トップノート:レモン、ベルガモット、グリーンマンダリン

・ミドルノート:アイリス

・ラストノート:サンダルウッド、ムスク、アンバー

なんといってもボトルのゴールドが圧倒的な印象で目を引きます。

ロンドンで創業したクリードがパリに移転して140周年経った1994年に作られたメモリアルな香水なんです。

レモンやグリーンマンダリンといった爽やかな柑橘系の後に香る、サンダルウッドやムスクが印象的で大人な雰囲気を演出してくれます。

どちらかというと爽やかというよりは、大人のパウダリーな香りが強いので、若いメンズの方よりも30代以降の方メンズにおすすめです。

オールゴールドの見た目に負けない、品格のある香りが人気ですよ。

ヴァージン アイランド ウォーター オードパルファム

・トップノート:ココナッツ、マンダリン、ライム、ベルガモット

・ミドルノート:ハイビスカス、イランイラン、ジャスミン

・ラストノート:トロピカルウッド、ムスク

ココナッツやハイビスカスを使用された、トロピカルで甘酸っぱさを表現した香りが人気の香水です香水です。

カリブの青い海と白い砂浜、そしてまぶしい太陽をイメージして作られた、夏にピッタリの香水です。

男女問わず人気があり、イランイランやトロピカルウッドのエキゾチックな香りのおかげで、トロピカルなのに大人っぽい雰囲気を演出することができます。

その黄金のバランスが、長年研究を重ねてきたcreed(クリード)ならではの巧みさですね。

ヒマラヤ オードパルファム

・トップノート:グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、マンダリン

・ミドルノート:ナツメグ、サンダルウッド、ベチバー、ペッパー

・ラストノート:トンカビーン、ムスク、アンバーグリス

その名のとおりヒマラヤをイメージして作られた、ダイナミックで雄大さを感じる香水です。

ボトルデザインはその雄大な大地を彷彿とさせる柔らかなグレーとなっています。

グレープフルーツ、ベルガモットといったさっぱりとした柑橘系にナツメグやトンカビーン、ムスクなどのパウダリーなスパイシーさを加えることで、フレッシュな空気と迫力ある大地を表現しています。

男らしさをアピールしたいメンズにおすすめの香水です。

まとめ

今回はcreed(クリード)の香水の魅力と、メンズにおすすめの人気な商品を紹介していきました。

フレグランズブランドの中でも長い歴史を誇るcreed(クリード)ですが、時代をまたいで受け継がれた確かな技術は誰もが惹かれる緻密で繊細な香りとなっているんですね。

creed(クリード)お香水をつけて、女性を惹きつけるモテ男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました