ACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)の香水の魅力とメンズへのおすすめ人気10選【プレゼントにも】

ACQUA DI PARMA アクアディパルマ 香水
出典:Amazon.co.jp

「香水デビューがしたいけど、種類がたくさんあって何を選んでいいかわからない。」

「香水は初心者だけど、できれば人と被りにくい香りを使いたい!」

そんな方におすすめなのがACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)というブランドの香水です。

こちらの記事では、初めて聞いたという方にもわかりやすいACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の歴史や魅力についてのお話しや、おすすめの香水を詳しくご紹介していきます。

また、そもそも香水の付け方や種類が分からないという方は、是非こちらの記事も参考にしてみてください。

それではさっそくACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)について紹介していきます。

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)とは

ACQUA DI PARMA アクア ディ パルマ ロゴ
出典:feelunique.com

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)は1916年、イタリアでカルロ・マニャーニ男爵によって創業されました。

ロンドンからニューヨークまでの旅行中にフレグランスを作ろうと考えたのがきっかけでブランドが始まりました。

イタリアの紳士的なメンズの雰囲気にピッタリと合うように作られた最初の香水「コロニア オーデコロン」は、爽やかかつ都会的な香りで瞬く間に人気を博していきました。

1930年にはイタリア国内で絶大な人気を誇り、さらに20年後の1950年にはアメリカからやって来たハリウッドスター達の間でも人気を博していき、次第に世界中で人気の香水ブランドとなっていったのです。

愛用者にはあの大スターの「オードリーヘップバーン」もいます。

現在も、創業当初から変わらない紳士的なイタリアンテイストを守りつつ、男女問わず身にまといたくなる洗練された香りを作り続けています。

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の香水の魅力

ポイント 説明

続いて、ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の香水の魅力についていくつかお話ししていきます。

こだわり抜かれた最高品質の素材

ACQUA DI PARMA アクア ディ パルマ 香水 メンズ
出典:Pinterest.jp

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の香水は、使用する素材はこだわりにこだわった最高品質のものを使用しています。

たとえ1つ最高品質のものを使用していても、他のものに妥協していたらその良さを存分に発揮させることはできません。

互いの良さを引き立て合うことができるような、選び抜かれた素材を使用することがACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の大きな魅力なのです。

プロフェッショナルの徹底

出典:Pinterest.jp

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)は香水の製造、流通に携わるすべての方々が洗練された技術を持つプロフェッショナルです。

フレグランスの製造は伝統をしっかりと引き継がれた職人のみが触れることを許され、ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)製品の作り方は創業当初から徹底的に守られています。

また、販売に関しても安易にどこでも手に入れられる便利さを売りにするのではなく、直営店で選ばれたスタッフによって販売されています

もしくは厳選されたリテールパートナーにのみ販売を許し、香水の品質だけでなく接客の質にまで力が入れられているのです。

インテリアにもおすすめのデザイン

出典:Pinterest.jp

ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)は香水の質はもちろん、外見のパッケージデザインもおしゃれで魅力的なのが特徴。

過度な装飾はなくシンプルなデザインなので、どのような部屋においてもすっと馴染んでくれます。

また、ブランドロゴもシンプルな中にイタリアならではのファッショナブルさも感じられ、見ているだけで癒されます。

香りのイメージがしやすいよう、さりげなくアクセントになるカラーの使い方もさすがACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)といったところでしょう。

見た目の雰囲気もいいことから、プレゼントとしてもおすすめですね。

メンズにおすすめのACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の香水人気10選

では、ここからはACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)でメンズにおすすめの香水をご紹介していきます。

コロニア オーデコロン

トップノート:レモン、スイートオレンジ、ベルガモット、カルダモン

ミドルノート:ラベンダー、ローズマリー、ヴァーベナ、ブルガリアンローズ

ラストノート:サンダルウッド、パチョリ、ベチバー

冒頭でも少しお話ししましたが、ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)で作られた最初の香水がこのコロニアでした。

そのため、ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)を代表とする香水として何十年も愛され続けています

シチリアレモンをはじめとし、太陽の光をたっぷり浴びたフレッシュな柑橘系フルーツから作られているのが特徴です。

ひとたび香りを感じればフルーツたちが育った暖かな海辺を想像することができます。

しかし決して爽やかなだけでなく、次第にラベンダーをはじめとするパウダリーなフローラルが香るので、上品な大人の甘さが出てきます。

ラストノートはサンダルウッドやパチョリなどのウッディ系で締めくくるので、エキゾチックなセクシーさも演出。

爽やかな中にも、大人の魅力を纏いたいというメンズの方におすすめの香水です。

ブルーメディテラネオ アランチャ オーデトワレ

トップノート:レモン、オレンジ、マンダリン


ミドルノート:カルダモン、プチグレン

ラストノート:キャラメル、ムスク

カリブ海の透き通った海を彷彿とさせる爽やかさが魅力の香水。

ボトルもイメージとおりのクリアなブルーが特徴的です。

香りははじめにスッキリとしたレモンやオレンジが香り、メインは爽やかな柑橘系。

しかし一味違うのは、アクセントとしてキャラメルの濃厚な甘さが広がるという点です。。

決して甘すぎず、柑橘系の香りと混ざり合って幸せをもたらしてくれるような満足感のある香りを残してくれます。

甘い香りが含まれているため女性ウケもよく、「モテ香水がほしい!」と考えているメンズの方には特におすすめの香水です。

ブルーメディテラネオ ベルガモット ディ カラブリアン

トップノート:ベルガモット、シトロン

ミドルノート:ジンジャー、シダー、各種フローラル

ラストノート:ベチバー、ムスク、ベンゾイン

「カラブリア」とはつま先という意味があり、この香水の名前を日本語に訳すと「つま先にあるベルガモット」とあります。

まだ摘まれていない新鮮なベルガモットをイメージして作られたこちらの香りは、広大なイタリアの自然を十分に感じさせるウッディな香りが人気を博しています。

爽やかさの中にジンジャーやベチバーの印象的なスパイスを感じさせることで、一度嗅いだら忘れられない、鼻と心にハッキリと残る印象深い香水です。

最後にはパウダリーな甘さのムスクが香るので、大人なメンズを演出したい方におすすめです。

ブルーメディテラネオ フィコ ディ アマルフィ オーデトワレ

トップノート:イタリアンベルガモット、イタリアンレモン、バジル

ミドルノート:フィグネクター(イチジク)、ジャスミン、ピンクペッパー

ラストノート:フィグウッド、シダーウッド、ベンゾイン

フィコ ディ アマルフィ オーデトワレはみずみずしいフルーツと、柔らかな甘さのあるフローラルがバランスよく混ざり合った優しい印象をもたらす香水です。

ポイントはイチジクの甘酸っぱく芳醇な香りで、男女問わず人気を博しています。

イメージするのはアマルフィに広がる絶景です。

身にまとえば自身がイタリアの地にやって来たかのような、リアリティのあるフレッシュな香りを感じることができます。

さわやかな香りの中にも、ペッパーやシダーウッドなどのメンズらしい香りが魅力的ですね。

ブルーメディテラネオ ミルト ディ パナレア オーデトワレ

トップノート:レモン、ベルガモット、バジル、マートル

ミドルノート:ジャスミン、ローズ、マリンブリーズ

ラストノート:シダーウッド、ジュニバー、レンティアスク

ミルト ディ パナレア オーデトワレはとにかく「元気が出る!」をコンセプトに作られました

目が覚めるようなスッキリとした酸味のあるレモンやベルガモット、ずっと嗅いでいたくなるような爽やかな潮風を感じさせるバジルやマリンブリーズが香ります。

身にまとえばいつでも走り出したくなるような、そんな心までみずみずしく潤わせてくれる爽快な香りです。

次第にジャスミンの上品な甘味や、ラストにかけてはシダーウッドのパウダリーな香りが追いかけてくるので、大人のメンズを演出したい方にもおすすめできます。

シグネチャー レザー オーデパルファム

トップノート:シチリアレモン、ブラジリアンオレンジ、ラズベリーアコード

ミドルノート:レッドタイム、ローズアコード、ハニー

ラストノート:レザーアコード、シダー

続いてご紹介するのはブラックのシックなボトルが印象的なシグネチャーシリーズです。

「レザー」はその名のとおりレザーを感じさせる少し大人のメンズらしいスモーキーさが魅力の香水です。

トップにはACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)らしい爽やかなイタリアの海を思わせるレモンなどの柑橘系が香りますが、すぐに甘酸っぱく芳醇なラズベリーの香りへと変化。

ラストにかけて控えめなウッディがすべてのバランスをまとめてくれるので、ラズベリーの甘い香りさえもメンズに馴染む魅力的な香りに演出してくれます。

シグネチャー ウード オーデパルファム

トップノート:オレンジ、ベルガモット

ミドルノート:アガーウッドオイル、アミリスオイル、コリアンダー

ラストノート:シダーウッド、サンダルウッド、レザーアコード、パチョリ、ムスク

人気のコロニアの特徴である上品で爽やかなシトラスの香りに、深みのあるメンズらしいウッディの香りを加えた香水です。

トップノートではみずみずしく幸福感のあるオレンジとベルガモットの香りに包まれますが、次第にスパイシーでセクシーな香りへと変化していきます。

ラストノートはサンダルウッドやシダーウッドといったウッディな香りをふんだんに感じさせ、広大な大地を思わせるような深みのある香りが特徴です。

メンズらしさを重視したいという方には、ACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の香水の中でも特におすすめの香水です。

シグネチャー ヴァニリア オーデパルファム

トップノート:マンダリン、ベルガモット、ネロリ


ミドルノート:バニラ、ジャスミン

ラストノート:ムスク、シダーウッド

こちらはバニラの香りがメインの香水です。

甘さが特徴のバニラですが、この香水の甘さはとても優しく上品なもので、トップからラストにかけて控えめに広がっていきます。

バニラの後ろから存在感を示すのがACQUA DI PARMA (アクアディパルマ)の定番でもあるマンダリンなどの柑橘系の爽やかな香り。

それらのスッキリとした存在があるからこそ、甘すぎない適度なスッキリ感があるといえるでしょう。

次第に上品で優しいジャスミン、そしてムスクやシダーウッドのパウダリーな甘さが合わさってとても官能的な香りへと変化していきます。

セクシーさを演出したいメンズの方には特におすすめの香りです。

シグネチャー ユズ オーデパルファム

トップノート:ユズ、ベルガモット


ミドルノート:シチュアンペッパー、ミモザ、スミレ

ラストノート:ムスク、サンダルウッド

日本を代表するフルーツであるユズと、イタリアが代表するフルーツであるベルガモットを調合した、特別感のある香水です。

この爽やかかつ太陽の光のように温かみのある柑橘系の香りを支えるのは、優しく穏やかなスミレなどのフローラルです。

かと思いきやミドルノートからラストにかけて感じさせてくるのは驚くべきことにシチュアンペッパーが醸し出すスパイシーな香り

意外なことに相性のいいこれらの香りが、この香水の独特な魅力をもたらしているのです。

シグネチャー ケルシア オーデパルファム

トップノート:レモン、ベルガモット、ピンクペッパー

ミドルノート:カルダモン、ゼラニウム、シダーウッド

ラストノート:トンカビーン、パチョリ、オークモス

こちらの香水は青々とした緑や木々を思わせるようなリラックステイストです。

はじめに香るベルガモットやレモンのスッキリとした爽やかさに加えて、ゼラニウム、シダーウッドといったナチュラルグリーンのテイストが混ざり合っていきます

すうっと息を吸い込みたくなるような青々としたグリーン系の香りが最大の魅力です。

その中でもピンクペッパーがアクセントとなって独特のスパイスを効かせ、ラストにかけてはトンカビーンやパチョリといったエキゾチックな甘さが蓋をしてくれるのでリラックスしたい方には特におすすめです。

まとめ

今回は男女問わず人気を博しているACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)の魅力とメンズにおすすめの人気香水を紹介していきました。

ACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)の特徴である柑橘系の香りは、イタリアの美しい自然な風景を感じられますね。

小さなサイズからでも良いので、是非一度商品を手に取って香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ACQUA DI PARMA(アクアディパルマ)の香水を付けて、女性を振り返らせるモテ男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました