【今日からできる】陰キャだった私がモテるためにした4つのこと

「かわいいは作れる!」

女性の間で使われるこんなフレーズを聞いたことはありますよね。

では、かっこいいは作れると思いますか?

皆さんは生まれつき顔が良かったり、身長が高くないとモテないと思っていませんか?

結論から言うとそんな事はほぼ関係なく、

かっこいいは作れる!

のです。

イケメンじゃなくても、身長が低くても自分の努力次第ではいくらでもモテる事が可能です。

私自身、陰キャで低身長で顔も平均程度でしたが少し努力しただけで多くの女性から

「かっこいいね!」「モテるでしょ!」

と話しかけられる事が増えました。

また、女性だけでなく老若男女問わずかっこよくなったと言われる機会も増えたと思います。

そこで今回は、私がモテるために取り組んだ4つの事を紹介したいと思います。

私について

取り組んだ事を紹介する前にまずはこの記事の筆者である私の事を少し紹介させて下さい。

私は2020年現在、22歳の大学生です。

元々内向的な性格で中学生の頃にアニメや漫画、ゲームにどっぷりとハマってしまい、自分に対して全く興味を持っていませんでした。

 「オタク」「陰キャ」

このような言葉が私にはぴったりでした。

そして、高校デビューなどせずにオタクのまま高校に入学。

中学と違い高校では校外学習やクラスの打ち上げなど、私服を着る機会が増えました。

もちろん、高校生にもなれば髪型やオシャレに気を遣っている男子生徒も多いです。

「頑張ってんな〜」と冷めた目で見ていた私に、ある時女子生徒に一言、こう言われました。

「ダサい」

と。

この一言は今でも心に残っています。

必ずかっこよくなって見返してやる…

そう誓いその日から美容やファッション、心構え、はたまた簡単な心理学まで学びました。

もちろん、すぐに結果が出ることはありませんでした。

しかし、時が経つにつれて自分が少しずつかっこよくなっていくのが楽しくなり友人や他の人達からも褒められる事が増えました。

そして現在、気付くと自分の趣味がファッションになっているなど、自分磨きを楽しむようになっていました。

それでは、高校生の頃の全く自分に関心のなかった私が実践した、モテるためにするべきことを紹介していきます。

モテるためにすべきこと

姿勢を正す

「え、そんなこと?」

そう思うのも無理はありません。

しかし、正しい姿勢でいる事とモテる事は大いに関係があります。

当時の私はかなりの猫背でうつむいてばかりでした。

当時の私は意識していませんでしたが、側から見ればそんな暗そうな人には男女共通して声をかけたいとも思いませんよね。

正しい姿勢を数週間キープするだけで、声をかけられる事が少し増えたと思います。

また、姿勢を正す事のメリットは別記事で紹介してありますのでこちらも参考にしてみて下さい。 

しかも、お金もかからず今すぐにでも行う事ができるので是非正しい姿勢を習慣にしましょう。

髪の毛に気を遣う(美容室に行く)

あなたは自分の髪型を気にした事はありますか?

女性の化粧と同じように、男性の髪型というのはかなり印象を左右します。

所謂、雰囲気イケメンという存在もほぼ髪型で決まっていると言っても過言ではありません。

当時の私は、前髪が目に入ると鬱陶しいとしか思っておらず、散髪も1000円カットで適当に済ませていました。

しかし、かっこよくなろうと誓ってからは美容室に通い続けて髪を伸ばしていきました。

すると、イケメンの友人から

「最近なんかかっこよくない?」

と言われるようになり、次第に周りからもそう言われる機会が増えました。

そのぐらい髪型というのは重要です。

顔に自信のないという方は刈り上げやアップバングはせずに、前髪を下ろして左右のどちらかで分けるのがオススメです。

私が実践した髪型はいわゆるマッシュヘアというものです。

量産型と思われがちですが、この髪型にするだけでだいぶオシャレでかっこいい雰囲気になります。

思い通りの髪型にならないという人の大多数は髪の長さや量が足りないことが原因だと思われます。

そこは美容師さんと相談しながら時間をかけて髪型を作っていきましょう。

相手の目を見て話す、聞く

これも意外と思われた方が多いかもしれませんが、相手の目を見てコミュニケーションを取る事は本当に大事です。

相手の目をしっかりと捉える事で自分の好意を伝える事も、相手の好意を理解する事もできます。

これは女性からモテるためだけでなく、友人作りや就職活動の際にもかなり効果的です。

今まで、自分に自信の無かった私は人とコミュニケーションを取る事を恐れていたため、相手の目を見ずに常に下を向くか目線を逸らしていました。

もちろん、それでは気持ちの良いコミュニケーションとは言えませんね。

しかし、相手の目を見てコミュニケーションをするようになると不思議と会話が続くようになり次第に自分から話す事も増えていき、女性と話す機会も多くなりました。

当然の事のように思われますが、意識すると意外と出来ていない人の方が多いのでは?

話すのが苦手という人もまずは相手の話を目を見て聞くようにするところから始めましょう。

服装に気を遣う

学生の方は制服を着る時間の方が圧倒的に長いためファッションに疎くなりがちです。

しかし、女性は私たちの想像以上に男性の服装を見ています

高校生の頃、服装に気を遣っていた私の友人はやはり女子生徒から

「~君おしゃれでかっこいいよね!」

と囁かれていました。

逆に、顔がかっこよくても服装に力を入れていない人はせっかくのモテるチャンスを

逃してしまっているかもしれませんね。

では、どのような格好をすればいいのか。

ずばり、オールブラック、もしくはモノトーンコーデです。

詳しくは別記事を作成予定なのでしばしお待ちを。

まとめ

いかがでしたか?

髪型や服装にはお金と時間がかかってしまいますが、姿勢を正したりコミュニケーションの取り方については今日からでも変えていけそうですね。

少し意識するだけでも周りの反応も変わるはずです。

この記事で紹介したことは、モテるためにすべきファーストステップのような事です。

まずはこの4つのことから意識して実践してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました